スピン・スライスの両立は難しい・・・

スポンサーリンク
初心者の方がテニスを始めた時、ご本人の特性や好み、スクールやコーチの方針によって、ストロークにおいて最初にトップスピン系を習得していくか、スライス系を習得していくかに分かれます。「私はフラットなの」と言う方もいらっしゃいますが、そういう方は超上級者以外ほぼスライスです。僕の中で『フラットのストローク』とは『回転量が少ないトップスピン』だと考えています。ボレーやサーブにおいては単純に『回転量が少ないショット』だと捉えています。
前者の方はパワフルなストロークが打てる半面、ボレーやスライス系ショットにおいてもスピンの癖が出てしまい修正に苦労することになります。一方で後者の方はボレーにおいて上手さを見せるものの、スピンでストロークを打ってくださいと言われた時に、ラケットヘッドが落ちてこず、苦戦します。また身体の回転も使いずらい傾向があります。
スクールの中でクラスが上がっていき、中級や上級になっていったり、試合に出るようになってたりすると、トップスピン・スライス両方使えた方が望ましいと気付くことになります。特にトップスピン主体の方はボレーでの失点が増えたり、スライスへの対処に苦しんだりするので、割と早く必要性を感じます。一方、女性でレディーストーナメントに出るような方はスライスとネットプレーでそのまま勝ちあがっちゃう場合もあります。しかしある程度上のレベルに行くとやはりパワフルなトップスピンが主体となるので壁に当たることとなります。
だいたいの場合のおいて、トップスピンを先に覚えて、後からスライスも習得していく形になっていると思うので、ここではそのパターンを例に挙げていくことにします。
トップスピンが得意な方がスライスを習得しようとすると、手首が固定できず、ラケットヘッドが落ちて、インパクト後もヘッドが返るというフォームになってしまいます。この現象を修正するのがなかなか難しいです。だって今までスライスで打ったことがないのですから。
ちなみにボレーは、スライス~フラットの当たりなので、スライス系ショットに含めていいと思うのですが、僕の今までの指導経験上、スライスの練習量を増やすと、ボレーもそれに応じて上手くなりますが、ボレーの練習量を増やしてもスライスにはあまり反映されない傾向があります。
スライスの習得には生徒さんもコーチも忍耐が必要で、望ましいフォームになっていなかったとしても、当面は良しとしておくことが大事です。完璧を求めても最初からできるはずがないですし、やる気がなくなってしまいます。動画やコーチのデモでイメージを強くし、練習を重ねていけば、徐々に基本にを押さえたフォームになっていくはずです。ビデオでフォームを撮って確認して修正に役立ててみるのも一つの手段ですね。
そうやって苦労してスライスを習得した後にスピンを打ってみると、「あれ・・・おかしい・・?」となります。今度はスピンを打つ時にスライスの癖が出てしまうのです。こうなるともう混乱してしまいます。
対策としては、スライスをメインに練習するとしても、感覚が狂わない程度にトップスピンも練習しておくことが必要です。後はこういう現象は誰にでも起こることだから普通なんだと思って割りきることが大事です。
こうして前進・停滞・後退を繰り返しながら徐々にトップスピン・スライスの両立は磨かれていくのです。じっくりいきましょう★☆
                        
テニスレッスンについてはこちら
ガット張り替えについてはこちら
足・膝の痛みをなんとかしたい方はこちら