船水颯人(ソフトテニス)

スポンサーリンク
【プロフィール】
名前:船水颯人(ふねみず・はやと)
誕生日:1997年1月24日
国籍:日本
出身:日本、青森県
身長:170cm
体重:65kg
利き手:右
バックハンド:片手
最高ランキング:日本ランキング1位
【生い立ち】
船水選手は、青森県の高校のソフトテニス部の監督である父、元コーチ母、3歳年上でソフトテニスに取り組む兄雄太さんの4人家族。ソフトテニス一家に産まれました。
船水選手は、父が務める高校の生徒達と遊ぶ中でソフトテニスを始めていきました。小学校1年生からは黒石烏城クラブに所属し、個性を活かした伸び伸びとした環境の中でテニスをプレーしました。船水選手は、「怒られるのが嫌いで、もし厳しく指導されていたならソフトテニスは続けていなかったと思う。」と語っています。
中学2年生の時には、全中で個人3位となり、頭角を現してきました。
【大学時代の成績】
・インターハイ団体優勝2012年
・全日本高校選抜優勝:2014年
・全日本シングルス優勝4回:2015年(史上最年少)、2017年、2018年、2019年
・インカレ団体優勝3回:2015年、2016年、2017年
・インカレダブルス優勝:2016年(/吉川純平)
・インカレシングルス優勝3回:2016年、2017年、2018年
・天皇杯優勝2回:2016年(/星野慎平)、2018年(/上松俊貴)
・全日本インドア優勝:2016年(/星野慎平)
・東京インドア優勝:2018年(/上松俊貴)
・アジア競技大会日本代表予選会優勝(シングルス):2018年
【プロ入り後の成績】
・全日本シングルス 優勝
・チャイナカップ国際ソフトテニス大会 国別対抗&混合複&シングルス 優勝
【テニスに関して】
非常に素早いフットワークが大きな武器です。ハードコートにおいてもスライディングフットワークを使い、非常に守備範囲が広いです。スライディングフットワークは、楽天ジャパンオープンで観た硬式テニスのガエル・モンフィス選手を参考にしたそうです。
ストロークは正確無比で、ミスの数が非常に少ないです。前衛の動きを見ながら絶妙なショートクロスやストレートを放ちます。また、ロブをディフェンスでもオフェンスにおいても有効に使い、大きな得点源となっています。
シングルスにおいて、回り込みのフォアはもちろん強力ですが、バックハンドの精度と威力も非常に高く、彼に打ち勝つのは容易ではありません。
ボレーの技術はそれ程高いわけではありませんが、場合によってダブルフォワードを試みたり、シングルスにおいてもネットプレーを見せたりします。
【人物に関して】
非常にストイックな人物で、ウェイトトレーニングを積極的に取り入れ、アスリートとしての基礎体力を徹底して鍛えています。また、体重の管理にも気を使っていて、試合前にベストな体重になるよう調節していくそうです。
【まとめ】
ソフトテニス業界初めてのプロ選手として、ラケット一本で生活したい、ソフトテニスをメジャースポーツにしたい、プロ選手を増やしたいという野望がある船水選手。大いなる希望を抱いたこの船は、今出航したばかりです。
【参考・引用】
船水颯人選手公式HP
ソフトテニスマガジン ポータル
ソフトテニスマガジン ポータル JKTへの道
                        
テニスレッスンについてはこちら
ガット張り替えについてはこちら
最新ブログ記事はこちら
足・膝の痛みをなんとかしたい方はこちら
商品一覧はこちら